美容学校卒業生 求人サロン 給与体系 休日など プリマ・アミューズ springs-beauty


【スプリングスの給与体系】
基本給 145,000
皆勤手当 10,000円
(遅刻一回で精勤 5,000円)
能率固定給 20,000円(勤務給、欠勤がない限り支給保証)
住宅手当 10,000円(世帯主のみ)
交通費15,000円まで
(1ヶ月の定期代を支給)

給与総額/185,000円+交通費
・控除/合計約27,000円
(内訳)
所得税3,500円~3,950円(初年度)
住民税/初年度はなし・2年目から
社会保険年金控除 18500円~
会社積み立て3,000円/旅行や講習等の預金

手取り額/約158,000円~161,000円+交通費
半年以降+担当手当て+歩合など加算

一人暮らしの場合の主な必要生活費
家賃平均  65,000円~70,000円(スタッフの実際状況)
光熱費・電話  13,000円
残り74,000円~ 一日当り約2,500円

休日/週休二日制
原則平日のみ土日不可
(冠婚葬祭による日曜休みの希望は事前に申請が必要です)
火曜定休+週に一日 連休あり
休日出勤の希望制度あり/7,000円~
冠婚葬祭は一般に準ずる
夏連続5日間可
12/31日~1/3日までは正月休み

退職金制度なし/役員・店長を除く
年次昇給/一年在籍が増えるごとに月5,000円の勤続手当が支給されます
 10年目5万円まで継続)
担当手当て 3,000円(材料の発注などの手当)

詳しくは担当者まで

コメント/給与に関しては業界では高いほうだと思います。美容師はスタイリストになることで大きく給与が増えたり、頑張れば頑張るほど自分の収入になることが魅力のひとつ、だからそれまでは一気には増えません。一度しっかりとお客様を持っていけば移動しない限りお客様と共に年齢を重ねていけるので長い間収入を維持することが出来ます。

私達の会社の目標とするモデルケースは、26歳で売上(指名やフリー・新規などを含む)110万以上/給与30万以上(額面)これが私達の目標であり、ほとんどのスタッフ・スタイリストが達成しています。そのために会社は新規集客のためのプランを考え、それに必要なヘアスタイルの撮影を行い、決して安売りをしないでお客様にPRしていきます。安売りをしないサロンだからこそ、とことんクオリティや結果、季節や流行を取り入れたプランニングに真剣に取り組んでいます。
カットカラーが6000円以下のサロンではかなりのお客様数=重労働をしなければ同じ収入を得ることが出来ません。当然、質は落ちます。髪も傷みやすくなりますから失敗やトラブルに発展しやすい・・。価格と薬剤もつながっています。質が悪ければ手荒れの原因にもなります。スタッフの手荒れを防ぐのもサロンのクオリティです。

また、割引目当てばかりの新規が多いサロンもたくさんあり、新規=初めてのお客様ばかりの毎日では精神的に疲れてしまいます。「こんにちはーお元気でしたかー?」って喜び合えるお客様が多いと仕事は何倍も楽しくなります、だから指名のお客様を増やすことが楽しいのです。新規が多いとアシスタントの人まで緊張します。 どんなお客様が来るのか?=客単価 とても大事なつながりがあります。
8500円~10000円 これが私達サロンの客単価です。もっと高額なサロンもありますよ。
場所や立地による違いもあります。何よりも私達にとってはご来店されているお客様が望まれる価格帯も大事なのです。価格・レベル・クオリティが良いバランスになっていて、それをお客様方に認めて頂けた時にサロンはお客様でいっぱいになります。

モデルケースの収入を目指していくのですが、1年目の入社から3年目までは技術を覚えてもあまり給与が上がりません。それはスタイリストデビューした時の喜びややり甲斐が給与に出るように3年間は昇給が抑えられています。 基本給にプラスされる昇級については規定通りに上がります。

デビューしてからは新規を担当し、リピーターが増えて売上が上がるほどに給与が上がっていきます。1年前と比べて4,5万上がったなんてこともあります。
この3年間、お客様にリピートしてもらえる技術を学んできたと言っていいのではないでしょうか。
「またあなたにお願いしたい」この言葉が飛び上がるほどうれしい!頑張ってきてよかったって思います!
でもでも、いい言葉ばかりではありません。なかなかリピートしてくれない・・・なぜ?・・・悩みます。デビューした頃はうまくいかないことの方が多いです。
指名がつかなかったりリピートがなければ売り上げが上がらないので給与も上がりません。
今はSNSで口コミが寄せられます。お客様から悪い口コミをもらってしまえば新規が減ります。
心が折れる思いをするスタッフもいます。でも悪い口コミをもらわなければいい口コミももらえないのです。
もし悪い口コミをもらったとしてもそれをばねにしていく強い気持ちが必要なんです。
そういう時期を過ごしてデビュー2年後には指名が多くなって欲しいです。先輩や会社は長い目で見てあなたを育てていきますから、あなたも一緒に戦って下さい。
何があってもあきらめることなく、美容を志した時のことを忘れずに、美容を大事にする心を持ち続けて下さい。

目標は30万の給与になる=売れるスタイリストになる
ここまで来たら次の新しい道が見えてくるのです。
毎月マツエクに行く・脱毛に行く・次の季節の服を買う・アシスタントにもごちしてあげる・・旅行にも行ける、決して贅沢ではないけど特に無理なこともない。

アシスタント時代は苦しいと思います。自宅通勤者ならまだ帰れば何かしら食べ物がありますが、一人暮らしだと本当に冷蔵庫が空のことも・・・水だってタダじゃない・・・電気代だって節約したくなる・・・実家暮らしでは考えなかった行動をし、気づかなかったことに気づく。さらに奨学金返済とかウイッグを買う費用とか、出ていくことばかりで大変です。我慢の連続です。

そんな一人暮らし、きついけどいい勉強になっているんです。きつい時、苦しい時に感じた事、考えてることが後々のために必要なんだ! 楽しい時や褒めてもらって嬉しい時よりも耐えてる時の方が振り返れば自分が成長してる。それを乗り越えた時に自信が生まれる。苦しいほど大きな自信に!
覚えておいてください!
そしてもうひとつ、毎日が勉強だし技術を教わることが出来るから、技術が自分のものになって来る楽しさ、手に入れたぞって感覚が気持ちいいのも事実です!
だから頑張れる!

どんな生活をするか?も大事。
ダラッとした就寝、飲み過ぎで寝過ごして遅刻したら皆勤がなくなる、5000円の給与ダウンは大きい! ウイッグ一台が買えたのに! それでどれだけの練習が出来たのか? スタイルにしたら5個?10個?
だから遅刻しない生活を心掛けるのも大事です。プロとしての生活リズムを作る。それが自分の目標のためですから! 夜寝る前に次の日に着ていくものは決めて揃えておく、出来る人ならもうやってる。明日のお客様に見てもらう服を選ぶ。

準備って大事ですよね。準備がしっかり出来る人は仕事ができます!準備にルーズな人は仕事もルーズです。仕事の成功は準備で決まるといってもいい!

そんなプロに日々のために、SPRINGSでは毎週月曜日は練習しない日にしようと声をかけています。翌日火曜日は休み、今日は夜遅くなってもいいし明日は好きなだけ寝ればいい、そんな時はスタッフ仲間でワイワイ、恋人、いないなら友達、あるいは今抱えている悩みを先輩にじっくりと相談、社長を上手く誘ってごちになりながらの昔の苦労話を聞く、同じようにはならないぞってしっかり聞いておく笑・・・それが楽しい月曜の夜、みんなで相談して決めました。

勉強会は毎日できます。決まった勉強会もあります。土日はセミナーや外部講師、ミーティングなどで日程が決められています。時間は貴重です。だから月に一回、火曜日にサロン勉強会を行っています。
平日の夜は時間が短い・・しっかり教わりきる前に終電が来てしまう・・・
中途半端にもなりやすい・・・だからこういう日を作りました。もちろん自主参加です。
教えてくれる先輩や自分(宮澤)も毎月参加して、みんなに見せたい技術、スタイル、伝えたいこと、教えておきたいことを準備しながらみんなと同じように頑張ります。

サロン・チームにとって、一人のスタッフがスタイリストになることが一番のパワーになります!途中でやめてもらったら本当に今までの苦労がパーになります・・・困ります・・・。
いろいろと考えて工夫して大事に育てます・・・でも甘やかしたりはしません・・・
練習や復習、準備や時間を守れない人は叱ります・・・それでも直らない人は仕方ないから置いていきます・・・でも、思い直して、悪いとこ直そうって思って付いて来れるなら喜んでもう一度手をつなぎます・・・そういう気持ちが先輩たちにはあります。それがスプリングスです。でもそんなこと言葉に出して言えないから伝わらないことも多い。でもこれは事実です。
自分も周りも一度信じてうまくいかないことでもなんとかなるって開き直る勇気、持ってみませんか? 美容学校だってきっと同じですよ。

スプリングス SPRINGS それは直訳すると温かい温暖な地域・・・温泉地、などです。
他には湧き出る源泉  なんて意味もあります。
湧き続けたい感性、温かい人間関係、お客様がほっとするような温かみ、そういう場所でありたい、そういう会社でありたいと願う名前です。

サロンにはそれぞれのエリアに合わせた名前が付いています。
PRIMA プリマとは、ステージの真ん中にいる女性 バレーのプリマです
一番輝いてる女性に演出したい・・

PRIMA プリマと言うサロンブランドに、今後はエリアでの名前がついていく予定です
PRIMA MUSE 今のアミューズの移転後のネーミングです(予定ですが・・)

サロンに名前があるように目指す雰囲気やコンセプトがあります。
それに応えるのも慣れないことばかりで簡単ではないですよね。

皆さんがサロンに立った時、きっと心の中では不安だらけでしょう。
話せるかな・・・笑顔が引きつってる?・・・ぎこちない・・・挙動不審な動き・・
何年後かには笑い話にもなってるはず・・そうなって欲しい!
『緊張も頑張ってる証し』です。
大いに緊張して緊張しまくって緊張になれてしまうしかありません。
むしろ緊張しないように緩めるなんてバカです!自分のためにもならない。緊張しない人なんていない、緊張と友達になるしかないのです。

スポーツも同じだと思います。緊張して、練習して、努力して、し続けて、そうやってひたすら頑張ってきた人だからこそ、本番で「楽しみたい}って言えるのです。中途半端ならほんとに負けることや失敗を楽しんで終わってしまう。
緊張や我慢をやり切った時の快感!達成感! そういう実感を共有したら最高に幸せですよ!

しっかりとしたカリキュラムがあります。

美容学校では挨拶の仕方や面接の仕方まで教わるので、話せるように見える人が多いですが実は苦手だと人は多いのです。

そんな人見知りや自分から話せない人のために「トーク会」と言う独特な練習会が私達にはあります。この練習会はデビュまで3年以上続きます。1年目はとにかく話すトレーニング、2年目は商品の説明や相手を知る聴き方のトレーニング、3年目はカウンセリング術や提案力、コンプレックスの聴き方や提案などです。 美容って技術を1個覚えると自然と会話もできます。技術が増えるごとに会話が増えます。「いいものを作ればお客様は喜ぶ」確かにそう言う可能性もありますが、話せない人、聴けない人にお客様が喜ぶもの、望むスタイルが作れるのか?疑問ですね。

まず無理でしょう! 自分と感性や好みが同じお客様なんてそんなにいるわけがないです。
会話の一番の目的は「自分と目の前にいるお客様との感性や好みのズレを知ること」
時には自分が近づき、ときにはお客様を自分に近づける。
そのために会話があるのです。決して自分を知ってもらう為ではないですよ
自分の話をして受け狙いは美容師の会話ではない!
(アシスタント時代のお客様を待たせてる間の楽しませる会話ならいいけどね)

仕事は見て覚える・・・ スタイルというものを覚える・・・
形や雰囲気、細かい部分、顔との相性、
切り方を習い展開図を覚え、切ってみて覚える・・これもありですが、
やはり見たときに感じるものが大事ですね! 味で覚える! 五感で覚える方が忘れないものです。

日頃から見て感じるような生活、習慣を身に付けたいものです。
美容学校時代からやってますか?
こういうとこで差がつくんですよ。
遊びながら学ぶ! 一番賢くてかっこいいと宮澤は思います。

美容と向き合っていくこと、最初の3年間、練習などきっとみんなが不安に思う事を書いてみました。
半分しか分からないと思うけど、いつかこの文面に書かれた意味を思い出して、その時の悩みの解決になってくれたらいいなって思います。
3年以内には30%以上が離職する美容師、スタイリストになって生活できるようになる人はきっと半分もいないのではないでしょうか?

やっと小さな店を出せたはずが、以前と違ってそんな小さな規模でもつぶれてしまうことが多くなっているそうです。人口も減っているし求人は来ないし、お金を借り入れている以上は返さなければならい。ホットペッパーやサイトに払うお金もばかにならない、そうでもしなければお客様を集めることが出来ない。
そうなんですよ!お客様だって近所にあるサロン行くっていうよりも、やはりこのサロンに行きたい!私にとって行きたいサロンはって店を作れなければお客様は来ない・・・

そのための勉強がすごく大事。
それには鏡を借りて新規のお客様をひたすらやる安売りのお店では何が学べるのかって考える。
どんなお客様が自分にずっと担当させてくれるんだろうかって考える。
カットカラー9000円のサロンと5000円のサロンでは何が違うのか?
「お客様が違う」
あなたはどちらのお客様に接して学びたいのか?

価格が安いことが悪いのではなく、それが大事な環境だという事です。
やることと環境がずれてるサロンからつぶれる。
店を出してからお客様が来ないと価格を下げる店は確実につぶれる。

最初から低価格でやる方がコンセプトがあって揺るがないだろう。
今思えば、そういう勉強はアシスタント時代から始まってたと思う。
毎日見るお客様、スタイリストの仕事、サロンや幹部が作るプランニング、全てがブレてないことが素晴らしいサロンだと思う。
お客様が多いとはそういう一つ一つ、いろんなことが歯車のようにかみ合って出来ているから。

原宿や青山の有名サロンはそこまでにすごい努力をしてたどり着いている。そこにある競争やせめぎ合いは半端ではない。ではそういうサロンに入りたいあなたはそのサロンの中も同じように熾烈な競争とせめぎ合いがあることを当然わかっている?
中も外も競争があって、それに勝ってきたからこそ今があるし強いサロンになる。有名になるほどナカノ競争が必要だし、それは繰り返される、ライバルも増える。下から追いつかれてしまう事も多い。わかっているよね? その中で戦う自分を!
有名店に入れれば有名になるのではなくて、その中の競争に自分が乗り込んで生き残る事で自分にも価値が生まれる!

同期が10人いればそのうちの5人が1年後に残り、3年後には3人が残り、スタイリストデビューは一人が残ってる。 これでも少し怖がらないように書いてますが・・・
タレント事務所やモデル事務所と同じ。人に負けない、自分に負けない、一切の妥協はしない、絶対に隙を見せない覚悟と強さがあるなら有名店に行って自分を試せ!勝ち抜け!

その覚悟が持てないならもっと自分に合ったサロンを探せ、雰囲気を感じろって言いたい。
1年目でやめたりしたら自分の気持ちが持たない・・どんなにサロンの悪口や原因があったとしても自分と真っ直ぐに向き合えない。気持ちが揺れる・・逃げたくなる・・・そうなって欲しくない。

人によってはスローにじっくりと育つ方がいい人もいる。
競争よりもある程度のマイペースを認めてくれる会社もある。
どっちが上で下でなんて比べる必要はない。
(本当に何年後かを比べられるならもっと自信持てると思うよ)
ここが求人の難しさだよね。
競争よりも助け合って磨き合っていきたい! そう思って作ってきたサロンではあるけど、
それでも辞めていった人がいるのが現実・・
ここが嫌だったとか、お客様が怖くてもう逃げたいとか、私達周りの力不足で辞めてしまった人がいます。

でも、その時に相手にも責任はあるが自分たちにも足りないとこがあったって全員が反省し次に生かすのがこのサロンだと思う。そこが自分たちのプライドだと感じている。
勉強方法や時間、いろんな反省会をします。

美容学校を出た人たちが全員美容師になってくれたらいいなって思う。
そのためには自分がもっとみんなを考え、改革していかなければならないことも見えてくる。
美容学校時代が一番楽しかった!なんて悲しすぎる・・・
それは決して幸せではない。美容は私には向いてない・・・
そんなことはない!1年2年で自分の何が分かる?
自分ってそんなに単純なのか? 浅いのか? 違うだろ?

美容を志した人には美容に向いてるものが必ずある!
それを引っ張り出すことが出来ずに自分の中で眠ってるだけ。
お宝が眠ってるんだ・・あなたの中には

社会に出て、美容師の一歩を踏みだしたら、
「緊張の連続」そんな毎日になるけど、
そこはたくましく目で覚えながら、お客様を見ながら、苦しくても一歩前に出る日々を積み上げて欲しい。

そして最高の美容師になって欲しいです。心からそう願います。

一緒に頑張りましょう。

私達の求人情報を見て頂きありがとうございました。

目次に戻るhttp://springs-beauty.com/staff_blog/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です